山本兼一にハズレなし[2010年02月12日]|ゆるり単発|ゆるり単発

2010年02月13日 00:04
山本兼一にハズレなし

「いっしん虎徹」(山本兼一)読了。
いやー面白かった。新撰組好きなので刀である虎徹については知ってるものの、鍛冶の長曽根虎徹については全然知りませんでした。その生涯。小説としても、導入で鉄についての知識から刀作りのノウハウを一通り説明していきつつ物語を進めて、いざ虎徹が刀を作っていくという判りやすい筋で、その人柄から周囲を省みずかなり無茶をしてくのかと思いつつ、実は妻を愛し人間臭いところを多分に見せるというなんとも好ましい人間像。結構な長編でしたが最後まで一気に読んでしまいました。最後の一行、なんともジーンとしてしまいましたよ。
早く「利休にたずねよ」文庫化しないかなー。

夜は久しぶりに友人と長電話。いろいろと楽しい話を聞きつつ、お互いの年齢を感じたり(笑)

[2010年02月12日 01:29] 

2010年02月10日 23:21