「大江戸定年組 1~7」読了[2009年07月18日]|ゆるり単発|ゆるり単発

2009年07月19日 23:44
「大江戸定年組 1~7」読了

「大江戸定年組 1~7」(風野真知雄)読了。
いやー、良い話でした。事件解決の連作ものですが、殺伐としたものではなく日常のちょっとした事件や気がかりだったり、それが時には大きな事件に繋がったり。そんな中に家族の話とか人情なんか織り交ぜつつ、全編通して一つの謎を解決する。一応のハッピーエンドではあるけれど、手放しで喜べる感じではない終わり方。もう、たまりませんな(笑)
まるで完結したような感想ですが、一応7巻は「最新刊」だそうです。最後に「完了」の文字も無いし、続くのかもしれません。でも、正直ここで終わって欲しい気もしますねぇ。主要人物の入れ替わりもあるし、最後に環境の変化もあるし、続刊が出たら立ち位置も随分変わっちゃう気がして、どうも読むのに抵抗があるというか・・・。まぁ新刊が並んでたりするとやっぱり買っちゃうんでしょうけど。

ちょっと長めの時代小説を読んで一息。「銀しゃり」(山本一力)もまだ買ってないしなぁ。PSP買ったし、青空文庫ダウンロードして純文学にでも手を出してみるか(笑)

[2009年07月18日 23:19] 

2009年07月18日 00:28