「花詞 梟与力吟味帳4」[2008年05月13日]|ゆるり単発|ゆるり単発

2008年05月14日 22:39
「花詞 梟与力吟味帳4」

「花詞 梟与力吟味帳4」(井川香四郎)読了。
ツンデレだと思われた女性はどこまでもガチなツンだったようで、権力全てを忌み嫌うただの嫌なキャラなだけでした。死刑反対を声高に叫ぶ弁護士のような。もうお腹一杯なのでこのシリーズは古本屋で見かけたら買うか、というスタンスに。いや、時代小説に何を求めてんだって話ですが(笑)
「空の境界」(奈須きのこ)引き続き読もうかと思いましたが、本日の購入「狼と香辛料8 対立の町(上)」(支倉凍砂)。続きが気になってたので読むのが楽しみです。会社がナニなので通勤時間くらい楽しい思いをしたっていいじゃないか。

[2008年05月13日 22:41] 

2008年05月12日 22:41